北海道

道内連日ぽかぽか 20度以上100地点 19日は平年並みに

04/18 21:46 更新

 道内は18日、前日に続いて高気圧に覆われた影響で気温が上昇し、オホーツク管内湧別町で25度を記録するなど全道的に初夏の陽気に包まれた。札幌管区気象台は、空気の乾燥による火の取り扱いに注意を呼び掛けた。

[PR]

 気象台によると、最高気温は同管内の遠軽町で24・5度、滝上町で24・3度を観測。札幌市は22・9度だった。道内173の観測地点のうち100で20度以上となり、今年最高を記録したのは92に上った。

 18日夜には日本海側から前線を伴った低気圧が接近し、日本海側西部では夜から雨が降り始めた。19日は低気圧の影響で平年並みの気温に落ち着く見通し。

残り:167文字/全文:439文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る