北海道

クマ目撃相次ぐ 札幌・南区

04/18 15:02 更新

 18日午前8時40分ごろ、札幌市南区石山の草地で、クマ1頭が歩いているのを近くに住む女性が目撃し、札幌南署に通報した。

[PR]

 同署によると、クマは体長約1メートルで、付近の山林に立ち去ったという。現場は市立石山東小から南に約500メートルの住宅街。約1時間後にも現場から西に約700メートル離れた草地でクマの目撃情報があり、同署が警戒を呼び掛けている。

 市内では昨年より16日早い8日に、今季初めてのヒグマの出没が藻岩山の自然歩道で確認されている。

ページの先頭へ戻る