旭川上川

1票投じて「センキョ割」 旭川、東神楽の8店 食事や買い物お得に

04/18 05:00
センキョ割の利用を呼び掛ける「クローバーギンザベース」の江口さん
センキョ割の利用を呼び掛ける「クローバーギンザベース」の江口さん

 旭川市や東神楽町の飲食店など8店が、統一地方選で一票を投じた人に料理や商品を値引きする「センキョ割旭川」を行う。投票所の看板と自身を一緒に写した「自撮り」写真を見せるとサービスを受けられる。参加店は「選挙を話題にするきっかけになれば」と期待する。

[PR]

 旭川市は、前回2015年市議選の投票率が過去最低の44・51%にとどまるなど、選挙への関心の低さが課題となっている。センキョ割は、市民がつくる事務局が16年参院選、17年衆院選に続いて実施する。

 今回、新たに参加する旭川銀座商店街の「クローバーギンザベース」(旭川市1の14)は、日替わりランチなどメニュー約20品をいずれも50円引きとする。江口美和代表は「市議選は市民の思いを反映する一番身近な選挙。これを機に関心を持ってほしい」と話す。

 7日と21日の投票日のほか、期日前投票を行った人も対象となる。サービス期間は大半の店舗が22日から5月5日まで。センキョ割は全国で広がっており、旭川の事務局は「新しいアプローチが少しずつ浸透してきた」と手応えを語る。

残り:221文字/全文:675文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る