日ロ

河野氏、5月にロシア訪問 外相会談、10日軸に調整

04/18 13:09 更新
河野太郎外相、ロシアのラブロフ外相
河野太郎外相、ロシアのラブロフ外相

 北方領土問題を含む日ロ平和条約締結交渉を巡り、河野太郎外相は5月中旬にモスクワを訪問し、ラブロフ外相と会談する方針を固めた。日ロ両政府は10日を軸に調整しており、6月に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会合に合わせたプーチン大統領来日に向け、北方四島での共同経済活動の具体化など平和条約締結への環境整備を進める方針。複数の政府関係者が17日、明らかにした。

[PR]

 日ロ両政府は5月30、31両日に東京で外務・防衛閣僚協議(2プラス2)の開催で調整しており、個別に外相会談も行う見通し。日本政府は6月の首脳会談で平和条約締結交渉の進展は困難とみて共同経済活動の具体化を急ぐ方針で、2プラス2の前にも外相会談を開催するようロシア側に求めていた。

残り:121文字/全文:443文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る