トランプ

金正恩氏、米朝交渉継続 大統領選にらみ持久戦

04/13 19:07

 【北京共同】北朝鮮の国営メディアは13日、金正恩朝鮮労働党委員長が12日の最高人民会議で行った初の施政演説を大々的に報じた。金氏は米朝交渉継続への意思を明確に表明し「年末まで待つ」と述べた。トランプ米大統領が再選を目指す来年11月の大統領選をにらんで持久戦に持ち込み、米側の態度軟化を待つ狙いとみられる。制裁強化の動きを強くけん制したが、手詰まり感も否めない。

[PR]

 故金日成主席以来29年ぶりとなる施政演説で、金正恩氏は内政や経済政策に加え、2月末の米朝首脳会談が物別れになったことを含め、対米関係について詳述した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
ページの先頭へ戻る