ドローン

ドローン法改正案が可決、衆院委 取材自由確保求める付帯決議

04/12 12:59
ドローン規制法改正案を賛成多数で可決した衆院内閣委=12日午前
ドローン規制法改正案を賛成多数で可決した衆院内閣委=12日午前

 衆院内閣委員会は12日、小型無人機ドローンによる自衛隊や在日米軍基地上空の飛行禁止を盛り込んだドローン規制法改正案を与党などの賛成多数で可決した。取材目的の飛行について「国民の知る権利と取材・報道の自由」の確保を政府に求める付帯決議を採択した。

[PR]

 改正案はドローンを使ったテロに備えて飛行を禁止する施設に、自衛隊と米軍施設を加える内容。日本新聞協会などが「取材活動を大きく制限し国民の知る権利を侵害する」と反対している。

 質疑で立憲民主党の篠原豪氏は、沖縄県名護市辺野古沿岸部の上空取材を例に挙げ「国民の知る権利を阻害することは絶対にあってはならない」と指摘。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
ページの先頭へ戻る