ふるさと納税

泉佐野市、新制度「姑息」と批判 ふるさと納税で

04/11 18:59

 ふるさと納税制度でネット通販大手「アマゾン」のギフト券を贈るなどして多額の寄付を集め、6月から始まる新制度の対象から外れる公算が大きい大阪府泉佐野市の八島弘之副市長らが11日、大阪市で記者会見し「今回のやり方はあまりにも一方的で姑息だ」と制度を見直した総務省を批判した。

[PR]

 会見には八島副市長ら担当者3人が出席。新制度への参加を申請したと明らかにした上で「まるで踏み絵。地方創生の趣旨にもそぐわない」と訴えた。今後、同様に不満を持つ自治体と連携し、訴えを広めたいとしている。

 泉佐野市は、返礼品にギフト券を贈るなどし、18年度の寄付額は360億円を超える見込み。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
ページの先頭へ戻る