ラグビーW杯

リーチ日本代表主将らが基本プレー伝授 札幌でラグビー教室

04/10 05:00
ラグビー教室で小中学生に基本技術を教えるリーチ・マイケルさん)=中本翔撮影
ラグビー教室で小中学生に基本技術を教えるリーチ・マイケルさん)=中本翔撮影

 ラグビー日本代表のリーチ・マイケル主将(30)=東芝、札幌山の手高出=が指導するラグビー教室が9日、札幌市内のスポーツ施設で開かれた。札幌の三つのラグビースクールに通う計45人の小中学生が基本技術を学んだ。

[PR]

 9月に開幕する2019年ワールドカップ(W杯)日本大会のスポンサーである海外自動車メーカーが主催。日本国内のチームでもプレーした元オーストラリア代表主将ジョージ・グレーガンさん(45)とリーチさんが講師役としてサプライズで登場すると、子どもたちから歓声と拍手が起きた。

 2人は走りながらパスを出す方法など基本のプレーを伝授。札幌篠路小5年の芳野鉄平さん(10)は「リーチさんの教え方は分かりやすかった。W杯では日本代表を今まで以上に応援したい」と話した。リーチさんは「優勝を狙う意識を持ってW杯に臨む」と意気込みを話した。(佐藤大吾)

試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る