スピードスケート

帯大谷短大スケート部始動 元五輪代表の石沢さん監督 意気込む男子2選手

04/05 05:00
石沢さん(右端)から指導を受ける田中さん(中央)と佐竹さん(北波智史撮影)
石沢さん(右端)から指導を受ける田中さん(中央)と佐竹さん(北波智史撮影)

 【音更】スピードスケートの元五輪代表、石沢志穂さん(32)=中札内村出身=が監督として率いる帯広大谷短大のスピードスケート部が今月発足した。男子2人が入部し早速、練習に励んでいる。石沢さんは同短大で栄養士課程の教育助手を務めており、食事や栄養面も指導する。選手たちは「良い結果を残し、チームを多くの人に知ってもらいたい」と意気込んでいる。

[PR]

 入部したのは、中札内中出身でスピードスケートの強豪校、山形中央高卒の佐竹柊真さん(18)と、大阪出身で鹿追高卒の田中風さん(18)。ともに短距離選手で、同短大では栄養士課程で学ぶ。

 佐竹さんは地元で指導を受けたこともある石沢さんに教わりたい思いで入部した。田中さんは小学6年で鹿追町瓜幕に山村留学し、瓜幕中2年でスケートを始めた。愛着のある十勝でスケートを続けられる環境を探していたという。

残り:247文字/全文:613文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る