水島広子 こころの健康術

スマホに依存しないためには

03/30 05:00
スマホに依存しないためには

 スマートフォンが急速に普及するとともに「スマホ依存症」の問題が指摘されています。長く使ったり、手元にないと不安が募ったりして、使う側が束縛されたり、依存してしまう心配が出ています。どう考えたら、よいでしょうか。

[PR]

 スマホには確かに便利な機能がたくさんありますから、頼りたくなるのもわかりますし、私も、道に迷った時などはスマホの地図を見ながら目的地に達することもあります。

 ただし、依存性があるのも事実だと思います。その依存性はどこからくるかというと、「実生活の嫌なことやつまらなさから逃れたい」という気持ちや、「一人でいることが変だと思われないように、スマホで忙しくしていたい」という気持ちからくることも多いのではないでしょうか。

 人間はテクノロジーの奴隷ではなく、テクノロジーをうまく使っていくべき立場です。ですから、「〇〇アプリを使わないと電車に乗り遅れる」とか、「××アプリを使わないと道に迷う」というようなときには、どんどんテクノロジーを活用してよいと思います。

残り:354文字/全文:789文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る