ペット

愛犬の健康法にどよめき ペット保険PRで具志堅

03/20 17:27 更新
愛犬と共にイベントに登場した具志堅用高(左)と南明奈=20日、東京都内
愛犬と共にイベントに登場した具志堅用高(左)と南明奈=20日、東京都内

 元ボクシング世界王者でタレントの具志堅用高が東京都内で、ペット保険大手アニコム損害保険のPRイベントに登場。愛犬の健康管理について驚きの方法を明かした。

[PR]

 愛犬グスマンは9歳のボクサー犬。具志堅が世界ライトフライ級王者決定戦で破ったファン・グスマンに顔が似ていることから命名したとか。

 特技はお手ではなく「ジャブ」だそうだが、ほえずに飼いやすいといい、一緒に登壇したタレント南明奈の愛犬のトイプードルと、舞台上でお行儀良くしていた。

 同社のペット保険に加入すると毎年1回、便からペットの健康をチェックするサービスを無料で受けられるという。そこで愛犬の健康管理法を聞かれた具志堅は「ニワトリの頭を食べさせる!」と回答。南や会場がどよめく中、「すごいっすよ。元気は出るし、白い毛並みがきれいに出る」と力説した。

 ただ便の健康チェックの結果、グスマンの「腸内健康年齢」は実年齢より高い10歳7カ月に。具志堅は「栄養つけすぎかな。甘いんだよな」と自戒していた。

ページの先頭へ戻る