働き方

セブン時短実験、21日から 直営店で3パターン検証

03/19 14:16 更新

 コンビニエンスストア最大手のセブン―イレブン・ジャパンは18日、24時間営業の見直しに向けた実験を21日から始めると明らかにした。まずは全国の直営10店舗で開始し、営業時間を3パターンに分けて実施する。

[PR]

 午前5時~翌日の午前1時、午前7時~午後11時、午前6時~翌日の午前0時という3通りの営業時間を設定し、収益や来店客数の変化などを検証する。東京都では足立区の店舗で行うが、他の実験店舗の場所や店舗ごとの営業時間は明らかにしていない。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
ページの先頭へ戻る