音楽

「ぱれっと×岩佐亜由美」栄冠 虹と雪のバラードコンテスト

03/18 02:22 更新
表彰式でグランプリに輝いたアレンジ曲を披露する「ぱれっと×岩佐亜由美」(小川正成撮影)
表彰式でグランプリに輝いたアレンジ曲を披露する「ぱれっと×岩佐亜由美」(小川正成撮影)

 札幌市は、1972年札幌冬季五輪の賛歌「虹と雪のバラード」をアレンジするコンテストのグランプリに、札幌を中心に活動するミュージシャン3人のグループ「ぱれっと×岩佐亜由美」を選んだ。17日に札幌市中央区の札幌駅前通地下歩行空間で表彰式を行い、アレンジ曲が披露された。

[PR]

 道内12組が15のアレンジを応募した。グランプリ作品は2030年冬季五輪・パラリンピックの招致に活用する。

 グループは、ソロで活動する岩佐亜由美さん(23)がアコースティックユニット「ぱれっと」の斉藤勇磨さん(27)、小池大地さん(25)を誘い、今回のコンテストのために結成した。

残り:95文字/全文:369文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る