福祉

地域サロン増えてます 室蘭市社協が開設支援、40カ所に 高齢者の閉じこもり防止に一役

03/17 05:00
高砂双葉町会の地域サロン「カフェふたば」。地域住民が毎月1回集まり、運動と茶話会を行う(八木橋敏さん提供)
高砂双葉町会の地域サロン「カフェふたば」。地域住民が毎月1回集まり、運動と茶話会を行う(八木橋敏さん提供)

 高齢者らが気軽に集い会話などを楽しむ「地域サロン」の開設が室蘭市内で進んでいる。室蘭市社会福祉協議会が開設を支援し、昨年1月以降、10カ所増えて計40カ所となった。ただ、本年度末までに50カ所に増やす目標には届いておらず、市社協は運営費を補助するなどして、さらなる普及に努めている。

[PR]

 地域サロンは、家での閉じこもり防止や健康増進を目的に、地域ごとに町内会館や民家などに開設。市社協は年1回の「ふれあい昼食会」を2019年度で廃止する代わりに、サロンの拡大に力を入れている。18年度から参加人数に応じて補助金を支出している。

 高砂双葉町会の地域サロン「カフェふたば」は、毎月1回、同町会長の八木橋敏さん(67)の自宅で開催している。毎回十数人が参加し、30分ほど体を動かした後、茶話会を行う。補助金は菓子代などに充てているという。八木橋さんは「独り暮らしの人も多く、笑って会話できる良い機会になっています」と話す。

残り:211文字/全文:618文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る