パラスポーツ

小学生、選手と楽しく滑走 障害者スキーW杯 レーザー射撃も体験

03/18 12:16 更新
チェアスキーの選手(左)と一緒に滑る子どもたち=16日、札幌市豊平区(小川正成撮影)
チェアスキーの選手(左)と一緒に滑る子どもたち=16日、札幌市豊平区(小川正成撮影)

 札幌市豊平区の西岡バイアスロン競技場で開かれている障害者ノルディックスキーW杯で、出場選手と小学生らが競技コースで一緒にスキーを滑る「ファンラン」が16日行われ、国内外の選手が参加者約200人にスキーの楽しさを伝えた。

[PR]

 ファンランは障害者スキーに親しんでもらおうと、大会実行委が企画。日本、米国、フランスなどのクロスカントリーやバイアスロンの選手ら約20人が参加者と滑走した。子どもたちは選手から「下を向かず、視線は前に」などと助言を受けながら滑り、バイアスロンのレーザー射撃も体験した。

残り:171文字/全文:416文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る