卓上四季

おもろい選挙?

03/15 05:00

見た目はそのままで、人格が他人と入れ替わる設定の映画は昔から多い。古くは大林宣彦監督の「転校生」。最近ではアニメ「君の名は。」も人気を集めた。どちらも少年と少女が入れ替わるが、作品によって男と男、妻と娘などさまざまだ▼映画の世界なら何でもありだが、現実の世界で知事と市長が入れ替わりを目指すとは。松井一郎大阪府知事と吉村洋文大阪市長である。任期途中で辞め、松井知事が市長選に、吉村市長が知事選に出馬する▼目的は、2人が率いる大阪維新の会が掲げる「大阪都構想」の実現だ。府、市両議会とも維新は過半数を持っていないため、選挙で信を問うという。ただ、普通の出直し選では年内までの任期は変わらない。入れ替わり選挙なら任期は4年に延びる▼公約実現のため、できる限りの手段を講じるのは当たり前との意見もあろう。だが、なぜ入れ替わるのか、必要性が十分説明されているとは言い難い。それに都構想自体、4年前の住民投票で一度、否定されている▼何より、知事や市長のポストは「じゃ、交換しましょ」程度の軽いものであるはずがない。前回、それぞれに投票した有権者への思いは、視野に入っていないのか▼「入れ替わり」の映画は、「別人」になった人たちが繰り広げるドタバタが面白い。お笑い好きの浪速っ子だが、さて、この選挙、「おもろい」と笑ってくれるのだろうか。2019・3・15

[PR]
ページの先頭へ戻る