開発局

開発局職員、児童ポルノ製造で停職6カ月

03/12 18:52

 開発局は12日、開発建設部に所属する男性職員(26)を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 開発局などによると、職員は昨年7月、札幌市内のホテルで女性生徒が18歳未満と知りながら現金を渡していかがわしい行為を行い、児童ポルノを製造。9月に児童買春・ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで逮捕され、札幌簡裁から罰金80万円の略式命令を受けた。

[PR]
ページの先頭へ戻る