国際

パリ同時テロ容疑者を殺害 有志連合、シリアで空爆

03/01 10:31

 【パリ共同】シリアで過激派組織「イスラム国」(IS)の掃討を行う米軍主導の有志連合は2月28日、2015年11月のパリ同時多発テロでISの犯行声明を録音したとされ、フランスが国際手配していたフランス人のファビアン・クラン容疑者(41)を空爆で殺害したと発表した。

[PR]

 フランスのメディアによると、クラン容疑者は2月20日にシリアのイラク国境近くに残るISの支配地域で弟と一緒に見つかり、無人機の攻撃で死亡した。有志連合が身元の最終確認を行っていた。弟は重傷を負った。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
ページの先頭へ戻る