くらし探り隊

女性トイレ 行列なぜ 利用時間 男性の2.5倍 和式 子どもが使えず

2018/10/31 17:00
10月下旬、空知管内長沼町の「道の駅」でも女性トイレに行列ができていた
10月下旬、空知管内長沼町の「道の駅」でも女性トイレに行列ができていた

 ずっと気になっていることがある。女性トイレの行列だ。空港や駅、商業施設などで、男性トイレは空いているのに、女性トイレは外まで長蛇の列という光景をよく目にする。「しょうがない」と諦めるべきなのか。いやいや解決策はあるはずだ。どうすれば行列は解消できるのか。「女性トイレの行列問題」と向き合う人たちの話を聞きながら考えた。

[PR]

 「女性トイレの行列については、いつもどうにかならないのかと思ってきました」。札幌市北区の主婦(39)は、口調を強めた。

 5、6年前、幼い子ども2人を連れて同市内の公共施設に行き、トイレに並んだ。3歳の息子が「もう我慢できない」と今にも泣き出しそうになったが、誰も「お先にどうぞ」と声をかけてくれず、なんとかなだめて順番を待った。「並ぶ時間ももったいない。なぜ女性ばかり、こんな思いをしなければならないのか」と疑問を投げかける。

 ただでさえ、混雑する女性トイレ。尿意を訴える子どもが一緒なら、なおのこと気持ちは焦る。

 同市豊平区の主婦斉藤玲子さん(35)は「子どもを連れて外出する時は、できるだけ事前にトイレの場所を確認している」と話す。「人出が多くて、その施設のトイレが混むだろうと思う日は行かないこともある」という。もう一つ気になるのが和式のトイレだ。「和式は子どもが慣れておらず使えない。和式が空いていてもだれも使わず、行列ができていることもある。洋式をもっと増やしてほしい」

 旅先の行列もおなじみの光景だ。小樽市内の女性(77)は友人とバスの観光ツアーによく参加するという。しかし「高速道路や立ち寄った施設のトイレが混んでいることが多い。遅れると他のツアー客に迷惑をかけると思い、トイレを我慢することもある」と語り、こうつぶやいた。「こんな思いは、男性には分からないのかもしれません」

 中部地方を事業エリアとする中日本高速道路会社(NEXCO中日本、名古屋)が、高速道路利用者を対象に2014年度に実施した調査では、女性がトイレの個室を利用する時間は平均93・1秒で、男性が小便器を利用する同37・7秒の2・5倍に達した。

 服や下着を脱ぎ着して用を足す女性の動作を考えれば、男性より排せつに時間がかかるのは当然のこと。それだけに、トイレで待たされるのはつらい。

■個室を増やす

 こうした不満は国土交通省が16年に行ったネット調査(複数回答)でも明確だ。

 「外出先のトイレで不便、不満、不安を感じること」について、男女とも最多は「清潔感がない」(男性61・5%、女性64・3%)だった。しかし2位は、男性が「温水洗浄や暖房付きの便座が設置されてない」(43・0%)だったのに対し、女性は「行列に並ばなければならない」(44・0%)で、女性の方がトイレの行列に不満を感じていることが分かった。

 女性トイレの改善に乗り出す企業も増えてきた。

 札幌ドーム(札幌市豊平区)は、利用客のモニター調査で「女性トイレが混んでいて試合観戦に支障が出る」などの意見が度々寄せられたことから、10年度から行列解消策を進めてきた。

 使いづらい和式トイレを改修し、施設内の洋式トイレの割合を10年度の48%から、現在は90%にまで増やした。また、2階の女性用トイレの個室も増やした。

 女性客が多いイベントの場合は、男性トイレの看板を変更し、女性トイレとして使用することもある。「これからもできることから取り組みを続けたい」(同社広報課)という。

 東日本高速道路会社(NEXCO東日本)北海道支社(厚別区)は、高速道路のサービスエリアやパーキングエリアで女性トイレを増やしたほか、トイレの照明を明るくし、敬遠されがちな奥の個室にも利用者を誘導し、無駄なくトイレを使えるようにもした。

 さらに、札幌ドームやNEXCO東日本の岩見沢サービスエリアでは、トイレの出入り口などに電子パネルなどを設け、空き状況を確認できるようにした。

■空き状況表示

 札幌コンベンションセンター(白石区)は17年度から、トイレの空き状況が施設内5カ所に設置した大型モニターで分かるようにした。モニターのQRコードをダウンロードすれば、スマートフォンからでも空きを確認できる。

 システムを開発したウイン・コンサル(札幌)によると、システムは本州の公共交通機関でも導入され、問い合わせも相次いでいる。同社の担当者は「快適なトイレづくりを、顧客サービスや集客に結びつけたいと考えている施設が増えているのでは」とみる。

残り:1855文字/全文:3695文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る