北海道

澄んだ秋夜に大輪 釧路大漁どんぱく開幕

10/21 05:00
釧路の夜空に直径600メートルの大輪を咲かせた3尺玉。手前は幣舞橋(茂忠信撮影)
釧路の夜空に直径600メートルの大輪を咲かせた3尺玉。手前は幣舞橋(茂忠信撮影)
  • 釧路の夜空に直径600メートルの大輪を咲かせた3尺玉。手前は幣舞橋(茂忠信撮影)
  • 花火大会を彩った「潮騒のメモリー」(小松巧撮影)

 花火やステージ、道東の味覚が楽しめる「第15回釧路大漁どんぱく」(連絡協議会主催)が20日、釧路市観光国際交流センター(釧路市幸町3)前庭などで開幕した。約30の屋台が並び、大勢の来場者が標茶町産のブランド牛「星空の黒牛」などを堪能したほか、夜には花火大会が開かれ、道内最大級の「3尺玉」を含む1万発が釧路の夜空を彩った。

[PR]

 胆振東部地震の発生で予定していた「いい味イキイキくしろ」などの関連イベントを中止するなど、規模を縮小しての開催となった。会場に設けられた特設ステージでは、俳優で歌手の松崎しげるさんによるスペシャルライブが行われ、代表曲「愛のメモリー」など約10曲を熱唱し、会場を盛り上げた。

残り:212文字/全文:512文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る