北海道

味覚や花火存分に 釧路大漁どんぱく、20日から

10/19 05:00

 花火やステージ、道東の味覚を満喫できる「第15回釧路大漁どんぱく」が20、21の両日、釧路市観光国際交流センター(釧路市幸町3)前庭などで開かれる。釧路観光コンベンション協会、北海道新聞釧路支社などでつくる連絡協議会の主催。

[PR]

 メインの花火大会は20日午後7時から、釧路川河口付近で行われる。「スターマイン」や「ナイアガラ」など計1万発を打ち上げる。道内最大級の三尺玉の打ち上げは午後7時40分から。荒天の場合は21日に順延する。

 両日午前10時から市観光国際交流センター前庭で行われる「どんぱく屋台」は、約30の屋台が並び、シカ肉や新鮮な魚介類などを提供する。前庭の特設ステージでは20日午後5時から、俳優で歌手の松崎しげるさんのスペシャルライブが行われる。

 花火大会が開かれる20日は、会場発着の臨時バスが運行される。くしろバスがイオン釧路店(釧路町)、イオン釧路昭和店(釧路市)と結ぶ便、阿寒バスが阿寒診療所(同)、グリーンパークつるい(鶴居村)などと結ぶ便を運行する。問い合わせはくしろバス(電)0154・36・8181、阿寒バス(電)0154・37・2221へ。(今井潤)

ページの先頭へ戻る