社会

過積載走行「以前から」 千葉、トレーラー横転3人死亡

09/13 09:14

 千葉市若葉区の県道で大型トレーラーが横転し、下敷きになった軽乗用車の男女3人が死亡した事故で、千葉県警が自動車運転処罰法違反(過失致死)容疑で送検したトレーラーの男が「以前から過積載の状態で走行していた」と供述していることが13日、捜査関係者への取材で分かった。

[PR]

 捜査関係者によると、トレーラーの最大積載量は約29トンだったが、事故当時は鉄筋など約37トンを積んでいたことが判明。県警は同日、過積載を繰り返していた疑いがあるとみて、同法違反と道交法違反(過積載)の疑いで、男の勤務先で家族が経営するリサイクル業「在原商店」(同県八千代市)などを家宅捜索した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
ページの先頭へ戻る