北海道

札幌と石狩の30戸 被災者に無償貸与 都市再生機構

09/13 05:00

 独立行政法人・都市再生機構は12日、胆振東部地震で住宅に甚大な被害を受けた被災者を対象に、札幌市などの賃貸住宅計30戸を無償で貸し出すと発表した。

[PR]

 同機構が所有する札幌市南区のあけぼの団地の20戸、石狩市の花川中央団地の10戸をそれぞれ貸し出す。家賃や共益費、敷金などが無償となる。連帯保証人は不要で、無償の入居期間は6カ月まで。住宅が全壊や半壊の被害に遭い、居住困難となった被災者が対象。

 申し込みは北海道住宅管理センター(札幌市中央区北3西3)で、13日から10月31日まで受け付ける。罹災(りさい)証明書や住民票などが必要。問い合わせは同センター(電)011・261・9277へ。(木村啓太)

ページの先頭へ戻る