経済

新千歳空港の商業スペース 13日に60店再開

09/12 23:17 更新

 【千歳】胆振東部地震の発生後、大半が閉鎖している新千歳空港の商業スペースで、国内線ターミナルビル2階で土産物などを扱う物販店78店舗のうち、約60店舗が13日午前10時から、順次営業を再開する。空港ビルを運営する新千歳空港ターミナルビルディング(千歳)が12日発表した。

[PR]

 残る店舗は14日以降、準備ができ次第再開する。これ以外の国内線ビル3、4階や国際線ビルなどの物販・飲食店、娯楽施設は9月末の再開を目指し復旧を進める。温泉施設と空港併設のホテルは損傷が著しく、復旧に4カ月程度かかる見通し。(中川大介)

ページの先頭へ戻る