ペット

ペット救護へ道が対策協議会を設置 13、16日に厚真町で獣医が健康相談

09/12 19:57

 道は12日、胆振東部地震で被災した犬や猫などペットに関する相談を電話で受け付ける「ペット救護対策協議会」を設置したと発表した。設置は2000年3月の有珠山噴火以来2回目。13日と16日は被災地の胆振管内厚真町へ出向き、獣医師らによるペットの健康相談も行う。

[PR]

 協議会は北海道獣医師会や道、札幌市などで構成。飼い主と避難所に同行した動物の健康管理や治療、飼い主不明になった動物の保護などについて、平日午前9時~午後5時、北海道獣医師会(電)011・642・4826で相談を受け付ける。

 13、16両日の健康相談は午後1~3時、厚真町錦町5の「ペットホテルHAYA」で行う。地震の影響で動物病院に連れて行けない飼い主とペットが対象。予約不要で無料。

 協議会活動に必要な義援金も受け付けている。振り込みは「北洋銀行琴似中央支店 普通預金 4808176 北海道胆振東部地震ペット救護対策義援金」へ。(小林史明)

ページの先頭へ戻る