くらし

都市機能まひ…見えた課題 観光客足止め 行き場なく困惑 スマホ頼み 情報伝わらず/乾電池・電源確保ピンチに

09/12 20:16 更新
「本日の通常診療は行っておりません」と書かれた紙が貼られた札幌医大病院=6日午後3時ごろ、札幌市中央区
「本日の通常診療は行っておりません」と書かれた紙が貼られた札幌医大病院=6日午後3時ごろ、札幌市中央区
  • 「本日の通常診療は行っておりません」と書かれた紙が貼られた札幌医大病院=6日午後3時ごろ、札幌市中央区
  • 神奈川の自宅に帰れなくなり、公園で途方に暮れた女子学生2人=6日午後3時半、札幌市中央区
  • かき集めた懐中電灯用の乾電池などを点検する介護老人保健施設「おおぞら」の浜守宏明総務部長=6日午後4時半、札幌市東区

 胆振管内厚真町で6日未明、道内で最大震度7を初めて観測した胆振東部地震。発生から13日で1週間。ライフラインが断たれ、停電や断水で生活機能を失った直後のマチを、くらし報道部の記者が歩き、取材した。非常事態の中、不安を募らせる人たち、懸命に被災後の対応にあたる人たちがいた。記者が見聞きした被害の様子から課題が見えてきた。

[PR]

■6日午前6時半

 千歳支局の取材を応援するため新千歳空港に向かった。ターミナルビル1階の国内線到着ロビーは、公共交通機関のまひで行き場を失った観光客が床に座り込んでいた。客は空港側が準備したバスなどで札幌市中心部や千歳市内の臨時避難所に移動し、運航再開を待つことになった。

残り:1287文字/全文:1584文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る