政治

南シナ海は平和的解決を 日マレーシア防衛相が一致

09/12 01:06
防衛協力などに関する覚書に署名する小野寺防衛相(右)とマレーシアのモハマド国防相=11日午後、防衛省
防衛協力などに関する覚書に署名する小野寺防衛相(右)とマレーシアのモハマド国防相=11日午後、防衛省

 小野寺五典防衛相は11日、マレーシアのモハマド国防相と防衛省で会談し、中国が軍事拠点化を進める南シナ海問題に関し、国際法に基づく平和的解決に向け、各国が連携して取り組むべきだとの認識で一致した。小野寺氏は「国際社会の安定と繁栄のため、海洋における航行の自由と法の支配が重要だ」と述べた。

[PR]

 小野寺氏は、北朝鮮が国連安全保障理事会決議に基づく制裁を逃れるため、海上で積み荷を移し替える「瀬取り」の状況を説明。モハマド氏は、北朝鮮が非核化への具体的行動を取るまで「制裁をしっかり履行すべきだ」との考えを示した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
ページの先頭へ戻る