北海道

【ライフライン】食パン、乾電池の品切れ相次ぐ 道が緊急調査

09/11 22:24

 胆振東部地震を受けて道は11日、食料や日用雑貨など生活関連商品10品目の緊急価格調査の結果を公表した。対象のスーパーなど道内14店では、食パン(6枚切り)と乾電池(単3電池4本)が8店で品切れだった。値上げなど大きな価格変動はなかった。

[PR]

 牛乳(1リットル)とうるち米(ななつぼし10キロ)は6店で在庫が無かった。缶詰(マグロ70グラム)、即席ラーメン(100グラム5袋入り)、ティッシュペーパー(5箱組)、ラップ1箱、ペットボトル飲料水(500ミリリットル)は1~2店舗で品切れ。トイレットペーパー(12ロール)は全店で在庫があった。

 調査は全14振興局の所在地にある1店舗を抽出して10日に実施。12、14日も調査し、それぞれ13、18日に結果を公表する。詳細は道消費者安全課のホームページ(http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/sak/indexbukka.htm)へ。(小林史明)

ページの先頭へ戻る