国際

米、韓国と共同歩調確認 首脳再会談へ調整本格化

09/11 23:49 更新
11日、ソウルで米国のビーガン北朝鮮担当特別代表(左)と会談する韓国の文在寅大統領(韓国大統領府提供・共同)
11日、ソウルで米国のビーガン北朝鮮担当特別代表(左)と会談する韓国の文在寅大統領(韓国大統領府提供・共同)

 【ソウル共同】米国のビーガン北朝鮮担当特別代表は11日、ソウルで韓国の文在寅大統領と会談した。南北首脳会談を18日に控える韓国側と、南北融和は北朝鮮の非核化と同時に進めるとの共同歩調を確認した。トランプ米政権は2回目の米朝首脳会談に向け、北朝鮮に具体的な行動を促す環境を整えるため、関係国との調整を本格化させる。

[PR]

 韓国大統領府によると、文氏は会談で「米朝間の対話ムードが再び高まっている機会を生かし、非核化交渉で成果を収めてほしい」と要請。ビーガン氏は「進展に向け最善を尽くす」と応じた。

 ビーガン氏は12日に北京入りし、中国側と協議する予定。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
ページの先頭へ戻る