高橋はるみ

知事と札幌市長が節電呼び掛け

09/11 21:26

 胆振東部地震による全道的な電力不足を受け、高橋はるみ道知事や秋元克広札幌市長らは11日、節電を呼び掛ける街頭啓発をJR札幌駅の構内で行った。

[PR]

 道、札幌市、北海道経済産業局、北海道電力などが主催。高橋知事はあいさつで「少しずつ電力の供給は戻っているが、道内の需給状況は綱渡りだ」と強調。秋元市長は「札幌は電力の一大消費地だ。再び停電にならないよう、もうしばらくの節電をお願いする」と呼び掛けた。節電方法を紹介したチラシなどを通行人に配布し、節電への協力を求めた。(内藤景太)

ページの先頭へ戻る