函館道南

五稜郭の石垣崩落

09/11 16:21 更新

 函館市教委は7日、地震の影響で、国の特別史跡・五稜郭跡の堀内周にある南西側の石垣が幅約6メートル、高さ約2メートル、奥行き約1メートルにわたって崩落したと発表した。市教委文化財課は「崩れた石垣はもともとゆがみが激しく、修理工事に取りかかっていた箇所。引き続き立ち入れないようにはするが、余震に備えて堀内周の石垣には近寄らないように」と呼び掛けている。

[PR]
ページの先頭へ戻る