ボランティア

厚真、安平町社協がボランティア募集開始

09/11 00:04 更新

 【厚真、安平】胆振東部地震で大きな被害を受けた胆振管内厚真、安平両町の社会福祉協議会が相次ぎ、家屋の片付けなど災害ボランティアの募集を始めた。厚真町は10日午後から受け付けを始めており、実際の受け入れは13日からの予定。安平町も10日から受け入れを行っている。

[PR]

 厚真町社協は、被災家屋の片付けや水の運搬、避難所で過ごす子どもの遊び相手などの支援を求める。電話で事前申し込みが必要で、日程は個別に調整する。

 活動拠点は町内本郷の旧「かしわ保育園」。午前8時半に集合し、活動時間は午前9時半~午後3時。

 個人での参加は道内在住者のみ。各日100人程度を見込む。同町の宮坂尚市朗町長は「復旧のために多くの方に協力いただきたい」と呼び掛けている。申し込み・問い合わせは町災害ボランティアセンター(電)090・7647・6583へ。

 安平町社協も9日から家屋内の片付けや清掃などのボランティアを募集している。町社協のホームページでの事前登録が必要。後日、町社協が日程や活動内容を連絡する。活動拠点は町内早来大町の町ふれあい交流館「みなくる」。町社協によると10日正午現在、既に150人ほどの登録があるという。

 同管内のむかわ町社協も家屋の片付けなどのボランティア受け入れに向けて準備中で、週内にも町社協ホームページに情報を掲載する予定。札幌市、北広島市は現時点で、災害ボランティアセンターを設置する予定はない。(岩崎あんり)

 厚真町と安平町が募集している災害ボランティアの内容は次の通り。

■厚真町

 作業開始は13日から。電話での事前に申し込みが必要。作業内容は被災者宅で倒壊した家具の片付けや給水の運搬、避難所で過ごす子どもの遊び相手など。

 日程は個別に調整する。活動拠点は町内本郷の旧「かしわ保育園」で、午前8時半に集合し、活動時間は午前9時半~午後3時。個人での参加は道内在住者のみ。各日100人程度の受け入れを見込む。申し込み・問い合わせは町災害ボランティアセンター(電)090・7647・6583へ。

■安平町

 高齢者の病院送迎や、入浴介助などを行う。ウェブサイトで事前に登録が必要。町社協のホームページで氏名、年齢、性別、住所、生年月日、連絡先を登録する。後日、町社協が個別に日程や活動内容を連絡する。活動拠点は町内早来大町の町ふれあい交流館「みなくる」。

ページの先頭へ戻る