生活情報・道央

【ライフライン】安平、むかわ、日高の3町で新たに避難指示 土砂崩れの恐れ

09/10 10:07

 9日の道内は気圧の谷に入り断続的に雨が降った。道災害対策本部によると、この雨の影響で土砂崩れの恐れがあるとして、新たに胆振管内安平町と同管内むかわ町、日高管内日高町の計83世帯145人に避難指示が出された。

[PR]

 10日午前9時現在、避難指示の対象になっているのは、安平町追分本町7の12世帯15人、同町追分緑が丘の2世帯4人、同町花園3の1世帯3人、むかわ町二宮の2世帯4人、日高町富川南2の一部の66世帯119人。日高町では町職員や警察が自宅を訪れ、避難所への移動を呼び掛けた。

 道災害対策本部によると、6日未明の胆振東部地震やその後の雨などによる影響で、北広島市大曲並木の一部の35世帯65人など、全道で計184世帯337人に避難指示が出ている。

ページの先頭へ戻る