ゴルフ

マッチプレー、今平が決勝へ 池田に1アップで勝つ

09/08 17:27 更新
第6日、決勝進出を決めポーズをとる今平周吾(左)とタンヤゴーン・クロンパ=鳩山CC
第6日、決勝進出を決めポーズをとる今平周吾(左)とタンヤゴーン・クロンパ=鳩山CC

 ISPSハンダ・マッチプレー選手権第6日(8日・埼玉県鳩山CC=7115ヤード、パー72)準決勝が行われ、賞金ランキング1位の今平周吾が2016年賞金王の池田勇太に1アップで勝ち、タンヤゴーン・クロンパ(タイ)との決勝に進んだ。

[PR]

 今平は18番でバーディーを奪って競り勝った。クロンパはラタノン・ワナスリチャン(タイ)を2アンド1で破った。(出場8選手、曇り、気温28・4度、北西の風4・1メートル、観衆686人)

より詳しい記事は電子版会員専用です。
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る