医療・健康

【ライフライン】週明けから外来受付 札幌市内の災害基幹病院

09/07 20:01

 地震に伴う停電などで、一部で診療を制限していた札幌市内に12ある災害基幹病院は、7日時点で7病院が外来の診療を再開した。週明けの10日からはほとんどの病院が通常通り、外来診療を受け入れる予定。

[PR]

 札幌市内の電力供給が復旧し始めていることから、医療機関の診療も徐々に通常体制に戻り始めている。外来の診療を再開したのは市立札幌病院、北大病院、札幌医大病院、札幌東徳洲会病院、札幌厚生病院、勤医協中央病院、手稲渓仁会病院。

 電力が復旧していなかったり、医療スタッフが病院に来られないなどの理由で7日時点で原則、一般の外来患者の診療を受け付けなかったのは、JCHO北海道病院、JCHO札幌北辰病院、NTT東日本札幌病院、北海道がんセンター、北海道医療センターの5病院。これらの病院も週明けまでに通常通り患者を受け入れる方向で調整している。(松本創一)

ページの先頭へ戻る