北海道

北電・真弓明彦社長の記者会見詳報

09/06 20:06

 本日午前3時8分に発生した胆振地方中部の地震、これに伴う現在の電力需給状況について説明します。胆振地方の中部で発生した地震に伴い、火力発電所が緊急停止となりました。苫東厚真発電所が緊急停止となり、電力の需要と供給量のバランスが保てず、水力発電所を含むすべての電源が停止し、北海道の全域で停電が現在も継続しています。本日午前中苫東厚真発電所の再稼働に向けた点検作業を進めてきましたが、1号機と2号機に蒸気漏れを確認しました。それから最大機である4号機のタービン付近から出火を確認しました。少なくとも復旧には最大1週間以上かかる見通しです。

[PR]

 苫東厚真発電所に代えて、すでに立ち上がっている水力発電所や砂川火力発電所3、4号機、こちらの再稼働をできるだけ早い時間に行うべく鋭意作業しています。また、奈井江発電所1・2号機、伊達発電所1・2号機、知内発電所1号機などの火力発電所を早急に、できればあすにも再稼働させたい。北本連系線の設備60万キロワットの電力融通を本州からいただけるので、これらを活用した電力の供給を図って参りたい。

 これらの対応により、290万キロワットを超える供給力を確保できる見通しですが、昨日の北海道エリアの電力のピーク需要は380万キロワット。こうした対応を取っても火力発電所、苫東厚真発電所の復旧を待つ間、少なくとも1週間以上は需要に見合う供給力を確保できないのではないかと判断しているところです。

 一部の地域では電力の供給ができない期間が長引く可能性もあります。病院などの重要施設の電力供給のため、電源車の配備も早急に進めています。また、他の電力各社からの電源車ほかの応援、国からのご支援を受けながら、早期の電力復旧に向けて全精力をあげて対応して参りたい。道民の皆さまには電力復旧までの間、大変ご不便をかけることになりますが、大変申し訳ございません、ご理解のほど何卒よろしくお願いいたします。

 ――復旧は、早くていつになるのか。全面復旧のメドは。

 苫東厚真発電所の復旧には1週間以上かかる見通し。(供給力は)昨日の電力需要のピークには足りない状況ですので、現在、水力発電所、火力発電所の方の早期復旧に向けた作業を進めているところです。できるだけ早く、残りの火力発電所を含め、あすまでに再稼働できるよう現在進めています。できる限りの努力をして、各発電所の電力復旧を早く進めていきたい。その進捗(しんちょく)状況をもって、また皆さまには改めて電力復旧の見通しをお知らせ申し上げたい。

 ――いわゆる計画停電を行うのか。

 まさにいま検討を進めているところで、いまの時点では申し上げられません。関係機関、国、自治体との相談になる。検討中ではあります。

 ――苫東厚真の緊急停止が停電の発端だ。当時の供給力の半分近い電力だが、これが一度に失われることを想定していたか。

 地震、災害に対し、さまざまなリスクを考えて発電所、ネットワークを運用しています。今回3台同時停止し、それに派生した形で、すべての電源が停止してしまうということについてはきわめてレアなケースだと思っていましたが、われわれの訓練の想定には入っています。

 ――しかし、北本連系(からの供給)を足しても(苫東厚真の供給量の)165万キロワットにはならない。

 3台同時停止に伴ってすべての電源が落ちるというリスクは低いとみていました。泊原発が停止している厳しい状況は変わらない中での、この大きな地震発生でした。

 ――火力発電所の復旧に時間がかかるのはなぜか。

 火力発電所のポンプとかいろいろな設備は電気がないと回りません。水力発電所を回して、火力発電所が運転できるような状態にすることが、時間がかかる原因です。

 ――再発防止策は。

 改めて系統のあり方、電源のあり方(を考える必要がある)。電源の分散化という意味では、石狩湾新港にLNG発電所を建設中ですが、そういうことも含めて考えて行かなければならない。泊原発も含めて電源の健全性というか、しっかり保っていかなければなりません。

 ――市民生活に多大な影響を及ぼしている。苫東厚真発電所は老朽化しており、設備更新を怠っていたのでは。

 道民の皆さんへの影響でについては、全域が停電し、時間的には長くかかりそうな状況になっています。この先多大なご負担と迷惑をおかけすることについては、改めて電力のトップとしておわび申し上げたい。その上で、われわれとして最善の努力を重ねるとともに、国、他の電力会社からの支援、応援を得ながら、早期の電力復旧にあたりたいと思います。

 苫東厚真は海外炭火力で、国内炭火力である奈井江や砂川、石油火力の伊達発電所に比べると新しい発電所。基幹電源でもあり、さまざま点検を行い付帯する機器類の点検や交換も行っています。地震の影響でこうなったとは思いますが、老朽化が影響しているとは思っておりません。

 ――泊原発の状態は。

 泊原発については設備の安全性は確認できています。ただ、電気が泊発電所も届いていなかったので、冷やす部分については非常用電源を回して、十分安全な状態が維持できています。

 ――火力発電所の再稼働の進め方は。

 砂川発電所はできるだけ早い時間に復旧したい。奈井江、伊達、知内については、できればあすにも順次再稼働させていきたいと考えています。

 ――病院などには優先的に供給するのか。

 そういったことも検討しています。応援の電源車も必要なところに配置していきたい。

ページの先頭へ戻る