北海道

【ライフライン(午前11時現在)】

09/06 14:04 更新
【ライフライン(午前11時現在)】

 道央を中心に北海道で発生した強い地震により、電気や交通などのライフラインにも広範囲に被害が出ている。被害状況はいずれも6日午前11時現在。

[PR]

■電気

 北海道電力によると、道内の全ての火力発電所が停止し、道内全295万戸全戸が停電している。

■ガス

 道や北ガスによると、道内で被害の報告はない。

■水道

 厚生労働省によると、道央を中心に16市町2239戸で断水が発生している。

 ▽札幌市▽石狩市▽江別市▽小樽市▽胆振管内厚真町、安平町、むかわ町、洞爺湖町▽日高管内日高町▽空知管内栗山町、浦臼町、雨竜町、南幌町▽留萌管内増毛町▽上川管内中富良野町▽釧路管内釧路町

■通信

 NTT東日本や携帯電話各社によると、胆振管内の一部で固定電話や携帯電話がつながりにくくなっている。インターネット回線も一部で影響が出ている。NTT東日本は、道内全域で公衆電話を無料で利用できるようにした。災害時でもつながりやすいという。

■道路

 開発局などによると、高速道路は道央道や札樽道、道東道、日高道の一部が通行止め。道道7路線7区間も通行止めになっている。

■鉄道

 JR北海道によると、地震発生当時、旅客列車は運行しておらず、運行中の貨物列車は緊急停止。脱線などの被害はない。北海道新幹線を含む道内全線で運行を見合わせている。

■札幌市営地下鉄・市電

 札幌市交通局は市営地下鉄と路面電車(市電)の始発から全線運休している。

■バス

 札幌市と近郊の路線バスは、北海道中央バス、じょうてつ、ジェイ・アール北海道バスがいずれも信号復旧まで全線を運休する。

■新千歳空港

 新千歳空港は国内線ビルから水漏れが発生したため、国内線と国際線ビルを閉鎖。6日は同空港を発着する全便が欠航する。

■幼稚園・学校

 道教委などによると、公立の幼稚園や小中高校は6日、札幌市立の全320校と、同市立を除く全道1336校が休校を決めた。

■病院

 厚生労働省によると、道内39病院で停電が発生した。うち20は災害拠点病院。札幌医大病院や北大病院、道立子ども総合医療・療育センター(いずれも札幌)、王子総合病院(苫小牧)、市立室蘭総合病院(室蘭)、道立江差病院(檜山管内江差町)などが外来診療を停止。

■小売り

 コンビニ各社によると、セブン―イレブンは道内1005店のうち970店で停電しているが、全店で営業。ローソンは664店のうち300店以上で休業。セイコーマートは順次営業を再開。イオン北海道やコープさっぽろは、通常営業できない店舗の一部で店頭販売を行っている。

■金融

 北洋銀行は全道170店のうち45店、北海道銀行は140店のうち27店を開けた。札幌証券取引所は全銘柄の売買を停止している。

■物流

 日本郵便は6日、北海道宛の「ゆうパック」の受け付けを停止すると決めた。

ページの先頭へ戻る