主要

ロシア人2人に逮捕状 英南部・元情報員襲撃事件で

09/06 00:49 更新
アレクサンドル・ペトロフ容疑者(左)とルスラン・ボシロフ容疑者(ロンドン警視庁提供・ロイター=共同)
アレクサンドル・ペトロフ容疑者(左)とルスラン・ボシロフ容疑者(ロンドン警視庁提供・ロイター=共同)

 【ロンドン河相宏史、モスクワ小林宏彰】英南部ソールズベリーで3月、元ロシア情報機関員セルゲイ・スクリパリ氏らが神経剤ノビチョクで襲撃された事件で、英捜査当局は5日、ロシア人の男2人を容疑者として特定し、欧州逮捕状を取ったと発表した。メイ首相は同日、「事件の背後にあるロシア秘密情報機関の役割を明らかにした」と述べ、ロシア政府が関与したとの認識を示した。

[PR]

 英検察庁などによると、2人はアレクサンドル・ペトロフとルスラン・ボシロフの両容疑者で、ともに40歳前後。偽名の可能性もある。2人は事件があった3月4日に、ソールズベリーのスクリパリ氏の自宅近くの防犯カメラに写っていた。2人が泊まったロンドンのホテルの部屋からは、ノビチョクの痕跡が検出された。捜査当局は2人の顔写真を公開した。

残り:386文字/全文:727文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る