苫小牧日高

苫総合経済高が最高賞、全国へ 商業ク研究発表大会 「苫小牧やきそば」開発・普及で

09/06 05:00
「苫小牧やきそば」について話し合う苫小牧総合経済高マーケティング部の生徒たち
「苫小牧やきそば」について話し合う苫小牧総合経済高マーケティング部の生徒たち

 苫小牧総合経済高マーケティング部(部員11人)が、8月下旬に札幌市で開かれた「北海道高校商業クラブ研究発表大会」(道高校長協会商業部会など主催)で、最高賞の総合賞を受賞した。同部が新たな地元グルメとして独自に考案した「苫小牧やきそば」の開発から普及までの一連の活動が評価された。11月に静岡県で開かれる全国大会にも出場する。

[PR]

 同部は地域活性化を目的に料理教室の開催やイベント運営などに取り組んでいる。「苫小牧やきそば」は市民に親しまれる新たな地元グルメづくりを目指して昨年9月にスタート。多くの飲食店で提供できて、家庭でも調理が簡単なやきそばに着目。《1》東胆振産の食材を使用《2》苫小牧名物ホッキ貝のうまみを凝縮した「ほっき節」を使用《3》同部がデザインしたロゴを使用するなどのルールに基づいた「苫小牧やきそば」を提唱し、料理として普及を目指すことにした。生徒たちは8月のとまこまい港まつりなどのイベントで自ら販売するとともに、地元店舗にメニューとして扱ってくれるよう働きかけてきた。

残り:224文字/全文:668文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る