行政

市町村の「圏域」行政

09/05 09:27
市町村の「圏域」行政

 人口減少が進む中、自治体のあり方が大きく変わるかもしれない。総務省の有識者研究会が7月、近隣市町村でつくる「圏域」を行政主体として法制化し、医療体制の拡充や産業振興などのまちづくりを連携して進めるよう提言した。具体化を議論する地方制度調査会(地制調)では、市町村側が強く反発している。広大な面積の道内で圏域は機能するのか。自治体トップと研究会の委員を務めた研究者に聞いた。

[PR]

■広大な道内 不便さ増す 北海道町村会会長・釧路管内白糠町長・棚野孝夫さん

■サービス精査の契機に 大阪市立大商学部准教授・松永桂子さん

残り:2147文字/全文:2401文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る