北海道

北方墓参中止を発表 道主催の第3班 択捉島、軍事演習の影響か

09/04 20:06 更新

 道は4日、択捉島を10~13日に訪れる予定だった本年度の北方領土墓参第3班の実施を中止したと発表した。訪問先の墓地4カ所についてロシア側との調整がつかなかったため。ロシア軍が極東で行う軍事演習の影響も指摘される。

[PR]

 墓参は道が1964年から実施しており、天候不良以外の理由による中止は2015年以来。第3班は元島民や同行者計34人が10日に根室港を出発し、択捉島中央部にある留別(るべつ)、ポンヤリ、年萌(としもえ)、オンネベツの4墓地を回り、慰霊祭や清掃を行う予定だった。

残り:364文字/全文:601文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る