大間原発

大間原発、運転また先送り 安全対策工事を2年延期

09/04 16:39 更新
建設中の大間原発について、運転開始時期の延期を説明する電源開発の楠瀬昌作大間現地本部長=4日午前、青森県大間町役場
建設中の大間原発について、運転開始時期の延期を説明する電源開発の楠瀬昌作大間現地本部長=4日午前、青森県大間町役場

 電源開発(Jパワー)は4日、青森県大間町で建設中の大間原発について、2018年後半としていた安全対策工事の開始時期を約2年延期すると町議会で説明した。原子力規制委員会による新規制基準への適合性審査の長期化が理由で、工事の延期は3回目。同社が当初目指した21年度ごろの運転開始は24年度ごろとなっていたが、さらに26年度ごろに先送りされる公算となった。

[PR]

 大間原発は全炉心でプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を使う世界初の商業用原子炉で、核燃料サイクル政策の中核施設の一つ。大間原発の完成が遅れれば、同政策の見通しがさらに狂う。

 大間原発の建設差し止めなどを求めて、国と電源開発を相手に東京地裁で係争中の函館市は「われわれは最初から建設の無期限凍結を訴えている。延期ということは、いずれ稼働させることに変わりはない」(総務部)として、「これまで通り裁判で粛々と主張していく」と冷静に受け止めた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
ページの先頭へ戻る