社会

萩市長、防衛省の演習場調査容認 地上イージス配備決定の前提

09/04 12:31 更新
山口県萩市議会本会議で報告する藤道健二市長=4日午前
山口県萩市議会本会議で報告する藤道健二市長=4日午前

 地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備候補地の陸上自衛隊むつみ演習場がある山口県萩市の藤道健二市長は4日、配備決定の前提となる防衛省による演習場の地質などの調査について、容認する意向を示した。同日開会した市議会本会議の市長報告で「周辺環境への影響の有無を住民に具体的に説明するためにも必要で、やむを得ない」と述べた。

[PR]

 同演習場の一部がまたがる山口県阿武町の花田憲彦町長も認める意向を表明している。ボーリング調査が予定されており、これまでの住民説明会では、出席者から水源を壊す可能性があるなどと反対の声が上がっていた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
ページの先頭へ戻る