釧路根室

少ないけど…毛ガニ大きめ 釧路管内3漁協、試験操業初水揚げ

09/04 05:00
白糠漁港に初水揚げされた毛ガニ=3日午前9時30分(加藤哲朗撮影)
白糠漁港に初水揚げされた毛ガニ=3日午前9時30分(加藤哲朗撮影)

 釧路西部海域の毛ガニの試験操業が1日に解禁され、釧路管内の3漁協が3日、初水揚げした。初日の水揚げ量の合計は、不漁だった昨季の初日の半分ほどと振るわなかった。

[PR]

 白糠漁協では3日午前3時ごろ、所属する5隻が白糠漁港を出港。1日に沖合十数キロ、水深約100メートル地点に仕掛けていたかごを引き揚げ、午前9時ごろから順次帰港した。同漁協の初日の水揚げ量は前年比52%減の528キロ、浜値は、甲羅の幅が10センチ以上と最も大きい「大サイズ」で同約20%高の1キロ7480~7500円だった。

残り:225文字/全文:467文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る