政治

首相訓示は「憲法擁護に反する」 野党批判、自民議員も困惑

09/03 20:30 更新
自衛隊高級幹部会同出席者との懇親会であいさつする安倍首相=3日午後、首相公邸(代表撮影)
自衛隊高級幹部会同出席者との懇親会であいさつする安倍首相=3日午後、首相公邸(代表撮影)

 安倍晋三首相の自衛隊高級幹部会同での訓示に関し、野党や有識者から3日、行政府の長として憲法改正に意欲を示した形で問題だと批判が相次いだ。共産党の小池晃書記局長は「憲法99条が定める閣僚らの憲法尊重擁護義務に反している」とした。自民党ベテラン議員も「全く望ましくない。理解に苦しむ」と困惑している。

[PR]

 首相は同日「全ての自衛隊員が強い誇りを持って任務を全うできる環境を整える。これは今を生きる政治家の責任。私は責任をしっかり果たしていく決意だ」と述べた。

 小池氏は記者会見で、会合の性格を考慮すれば、自民党総裁でなく首相としての発言なのは明白だとして非難した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
ページの先頭へ戻る