経済

JR東日本、新型車の運用拡大へ 山手線から首都圏の中距離路線に

09/03 16:21 更新
山手線を走行するJR東日本の新型車両「E235系」=8月
山手線を走行するJR東日本の新型車両「E235系」=8月
  • 山手線を走行するJR東日本の新型車両「E235系」=8月
  • 山手線の新型車両「E235系」=2015年11月

 JR東日本が、山手線に導入を進めている新型車両「E235系」の運用を、首都圏の中距離電車にも広げることが3日、明らかになった。2020年以降、東京を経由して神奈川県と千葉県を結ぶ横須賀線・総武線快速などに投入する。

[PR]

 JR東日本は、車内に液晶画面を多く用いて乗客の快適性を高めたE235系を次世代の標準型車両と位置付けており、大量投入することで車両の生産と整備といったコストの低減を目指す。

 東京五輪・パラリンピックを控えた20年春ごろまでに全ての山手線車両をE235系に置き換える。さらに、20年中にも中距離電車向けの編成を、横須賀線・総武線快速に導入する。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
ページの先頭へ戻る