パラスポーツ

パラ陸上 重本が400で大会新 佐藤2種目V

09/03 00:10 更新
男子400メートル(車いすT52) 56秒23で優勝した佐藤友祈=屋島レクザムフィールド
男子400メートル(車いすT52) 56秒23で優勝した佐藤友祈=屋島レクザムフィールド

 日本パラ陸上選手権最終日は2日、高松市屋島競技場で行われ、重本(旧姓・辻)沙絵(日体大大学院、函館本通中出)が女子400メートル(切断などT47)=出場1人=で1分00秒26の大会新をマーク。同100メートルは13秒42で制した。

[PR]

 久保恒造(日立ソリューションズ、美幌高出)は男子1500メートル(車いすT54)で3分9秒51の3位。馬場達也(日立ソリューションズ、旭川北都保健福祉専門学校出)は同100メートル(脳性まひT34=車いす使用)で18秒79で2位だった。

 リオデジャネイロ・パラリンピックの男子(車いすT52)で2個の銀メダルを獲得した佐藤友祈(WORLD―AC)は400メートルを56秒23で制した。出場1人の1500メートルでも3分29秒90をマークし、ともに自らの大会記録を更新した。

試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る