北海道

綱渡りで魅了 仏のボンゴンガさんがパフォーマンスも 岩見沢

09/03 21:15 更新
高さ4・5メートルの綱を難なく渡るボンゴンガさん
高さ4・5メートルの綱を難なく渡るボンゴンガさん

 【岩見沢】世界各地で活動するフランス人女性綱渡り師タチアナ・ボンゴンガさん(34)が1日、岩見沢市内で綱渡りを披露し、大勢の観客を魅了した。

[PR]

 道教大岩見沢校の公開講座の受講者らが企画したサーカスに、長さ6・5メートル、重さ14キロの鉄棒を持って登場。JR岩見沢駅に隣接する広場に設置された高さ4・5メートル、長さ24メートルの綱の上を笑顔で歩いた。途中で片足立ちしたり、棒を置いて逆立ちしたりして、観客を驚かせた。ボンゴンガさんは「綱渡り師として25年間培った技術を大勢の人に見てもらえてうれしい」。

残り:46文字/全文:297文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る