北海道

小学校校舎の近くにクマのふん 別海

08/31 20:17 更新

 【別海】31日午前10時20分ごろ、根室管内別海町の町立上春別小学校(対馬紀彦校長、69人)の校舎から約10メートルの芝生に動物のふんがあるのを児童が発見し、町役場がクマのふんと確認した。町によると、同小児童と、近くの上春別中(30人)の生徒はスクールバスや保護者の車で下校した。両校のある上春別地区は約300戸の集落。8月29日には小学校から北西に約500メートル離れた牧草地でクマの目撃情報があった。

[PR]
ページの先頭へ戻る