安保

辺野古埋め立て承認を撤回 沖縄県、国と全面対立

08/31 18:32 更新
米軍普天間飛行場の移設先、沖縄県名護市辺野古沿岸部の埋め立て承認を撤回し、記者会見する(右から)謝花喜一郎、富川盛武の両副知事=31日午後、沖縄県庁
米軍普天間飛行場の移設先、沖縄県名護市辺野古沿岸部の埋め立て承認を撤回し、記者会見する(右から)謝花喜一郎、富川盛武の両副知事=31日午後、沖縄県庁

 沖縄県は31日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部の埋め立て承認を撤回した。移設工事は即時中断となり、防衛省沖縄防衛局は効力停止を求め、法的対抗措置を講じる方針。9月30日投開票の県知事選を前に、移設を巡り県と国が全面対立する事態となった。

[PR]

 8月8日に死去した翁長雄志知事が生前に「新基地は造らせないとの公約実現に向け全力で取り組む」として、撤回の手続きに入る意向を表明。撤回権限を委任された謝花喜一郎副知事は、県庁で記者会見し「翁長知事の熱い思いを受け止め、法に基づき適正に判断した。新基地建設阻止に向け全力で対応する」と強調した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
ページの先頭へ戻る